• ホーム
  • 尖圭コンジローマは再発する事はあるのか

尖圭コンジローマは再発する事はあるのか

2020年02月06日

尖圭コンジローマはウイルス性疾患で、治ったように見えても再発してしまうケースが多い病気です。外科的な手術や塗り薬などによってヒトパピローウイルス(HPV)を抑えることができますが、完全に体から排除するのは難しいでしょう。治療した後3ヵ月以内において25%が再発すると言われていて、再発について患者の4人に1人は3ヵ月以内に繰り返しやすいと言われています。目に見えるイボがなくなっても再発しやすいので、医師の指示に従って飲み薬や塗り薬を続けることが大切です。再発は存続しているHPVが時間を経て、新しいイボになることによって起こります。尖圭コンジローマを治療した後の3ヵ月間は、クリニックに通って再び発症することを防せぐための健診を受けることをおすすめします。1~2年の間は定期健診を受けておくと安心です。

尖圭コンジローマはウイルス性疾患で、そのためウイルスに抵抗力である免疫力が高まるとウイルスの活動を抑えることが可能です。イボが出にくくなると言われていて、疲れやストレスなどを溜めないことが大切です。風邪で体力を落とさないことも再発を予防しやすく、定期健診と同じく日頃からの健康管理が重要になります。ウイルス性疾患なので治療した後の再発が問題になりますが、再発するまでの期間は平均3ヶ月で再発の理由として、イボがなくなったとしても進退にHPVが存続していることがあげられます。長い潜伏期間を経てから性器癌などに悪性化することがあり、陰茎癌や子宮頸癌などはHPVとの関連性をしめすことが可能です。HPVは数%の割合で潜伏感染していて、特に性活動が盛んな若い年齢の人に蔓延しています。無意識の内にパートナーに感染していたり、治療してもピンポン感染を繰り返していることが多いです。性病を予防するため、コンドームを利用するようにしましょう。性交の時にコンドームを利用することによって感染率を抑えることが可能です。感染していないパートナーに感染させによう注意も必要で、本人が検査することはもちろんパートナーの検査も必要になります。一緒に治療することによって完治することができたり、不快な症状が繰り返すことを予防することが可能です。1~2年の間は繰り返しやすいので定期検診を受けることをおすすめします。クリニックで検査を受けることができたり、便利な検査キットを利用することが可能です。郵送で使用することができ、匿名で検査を受けることができます。

関連記事
尖圭コンジローマになったら気を付ける事

尖圭コンジローマの発症率には男女差がありませんが、泌尿器科において男性が多く来院しています。泌尿器科での男性患者が多いのは、性器が表に出ているので気が付きやすいことがあげられます。女性の場合は表面にイボなどがあれば気付くことができますが、膣内にできていると検査を受けないと見つからないものです。女性の...

2020年03月15日
尖圭コンジローマの施術治療はとんでもなく痛い

尖圭コンジローマを治療するには外科手術がありますが、とんでもなく痛いと言われています。尖圭コンジローマはもちろん、普通のイボの治療にも液体窒素を使った冷凍凝固を利用することが可能です。腫瘍組織を液体窒素で凍傷して除去する治療法で、この外科手術のメリットは広範囲にわたって行うことができます。終わった後...

2019年12月29日
ジスロマックが合わなかったらイミキアドクリームを通販で購入

ジスロマックが合わなかったら、イミキアドクリームの塗り薬がおすすめです。インターネット通販で購入することができ、安い価格で早い効果を実感することができます。イミキアドクリームは患部に直接塗る治療薬で、イミキモドを成分にしているベセルナクリームのジェネリック医薬品です。コンジローマ症状が現れている部位...

2019年09月30日
女性の尖圭コンジローマの症状と後遺症

女性の場合、尖圭コンジローマのイボは肛門や性器周囲などに現れることが多く、先の尖った乳頭状の形をしていたり、鶏のトサカやカリフラワーなどいろいろな状態で現れることが多いです。イボの大きさは1~3mmで次第に増加して行き、ほとんどの場合は痛みやかゆみなどがないため自覚症状がないこともあります。女性にと...

2019年10月07日
尖圭コンジローマの潜伏期間と感染力

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス感染症で、多くの場合性交やその類似行為で一定の潜伏期間をおいてから発症します。接触することによって皮膚や粘膜などの微小な傷から侵入したり、基底細胞を含めて分裂可能な細胞に感染することが可能です。感染した後視診で観察できるまで3週~8ヶ月を要することが多く、一般...

2019年11月29日
尖圭コンジローマは市販薬で完治できる?

尖圭コンジローマを治療するのに市販薬を使っている人がいますが、通常の市販薬では完治するのは難しいです。尖圭コンジローマの治療に関して、一般的にイボを取り除いたり焼いたりするような外科的方法や、ウィルスに対して免疫力を高める免疫賦活療法などがあります。これらの方法にはそれぞれメリットがあり、尖圭コンジ...

2019年11月03日
尖圭コンジローマにはジスロマック!他のSTDにも効果あり!

ジスロマックはアジスロマイシンを成分にするマクロライド系抗生物質です。1回服用すると10日間効果が持続することができ、尖圭コンジローマやクラミジアなどのさまざまなSTDを治療することができます。ファイザー社から製造・販売されているSTD向け抗生物質で、1回服用すると10日間効果を持続することができる...

2019年10月04日
男性の尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの症状はいくつかあり、自覚症状がない人もいますが焼けるような痛みを感じる人もいます。潜伏期間としてウイルスに感染してから何かしらの症状が現れるまで、3週間~8ヵ月と言われています。男性の場合、潜伏期間が過ぎると亀頭や包皮下、陰嚢や外尿道口、肛門周辺などにイボが生じることがほとんどです...

2019年09月29日