最新の投稿
薬を飲む男性

尖圭コンジローマは性器にできるイボで、主に性行為によって感染します。ヒトパピローウイルスによって、腟や陰茎などの周囲に発生し、このヒトパピローウイルスの種類が異なると感染症の種類も異なります。性器にできたり目で見て確認しやすいものもあれば、子宮頸部や腟、直腸などにできる見えにくいものもあるでしょう。このような種類は特定のがんの危険を高めるので注意が必要です。男性の場合フォアダイスとよく間違えられますが、カリフラワーなどのような形が特徴的です。

尖圭コンジローマはウィルス

尖圭コンジローマはヒトパピローウイルスが原因のイボで、イボが傷付くと排尿時痛みがあったり、そのまま放置するとイボが大きくなるので注意が必要です。フォアダイスと似ていますが、カリフラワー状のイボになっていて自覚症状がない人も多いでしょう。フォアダイスは男性の陰茎部分にできる白いぶつぶつしたもので、女性器にもできます。フォアダイスは病気ではなくニキビのようなもので、男性の約70%に見られる生理現象になるので心配するこことはありません。フォアダイスは病気ではないので治療する必要がなく、相手にうつすこともないので安心です。痛みや痒みなどの自覚症状もありません。尚、自然になくなることがないので見た目が気になったり、きれいにしたいなら手術で除去することが可能です。

尖圭コンジローマの場合は急速に生じたり、焼けるような痛みを起こすことがあるので早めに治療しなければいけません。ワクチン接種によってがんの原因になる、ヒトパピローウイルスによる感染症を予防することが可能です。確認できる種類に対してレーザーや凍結施術、手術などで取り除くことができます。薬を塗る治療も有効的で、特に20代の人に多く確認されています。アメリカでは約140万人に症状が見られていて、すべてがウイルスによるものです。ほとんどの感染症は1~2年ほどで治りますが、まれに長引くものもあるでしょう。感染が長引くと特定のがんのリスクが高まり、性器や肛門などの何かしら硬いものを感じたら医師に相談することをおすすめします。ヒトパピローウイルスは100種類以上あり、皮膚にイボを引き起こすタイプがあればさまざまな性器感染症を起こすタイプもあります。

主に性行為で伝染することが多く、陰部や肛門に感染します。身体の内側にできる種類もあり、これらは子宮頸部などの小さく硬い平らなものができますが、コルポスコープ(腟拡大鏡)と言う器具で確認することが可能です。見えにくいところにあると通常自覚症状がありませんが、子宮頸がんや腟がんなどの発生リスクを高めるので治療が必要になるでしょう。オーラルセックスでも感染することがあり、口の感染症を引き起こすと口腔がんのリスクを高めるので注意が必要です。早期発見・早期治療することによって、さまざまな病気のリスクを抑えることができるでしょう。

尖圭コンジローマの形状

尖圭コンジローマは性器や肛門の周辺のイボができる病気です。形状はさまざまで、白色やピンク色、褐色や黒っぽい茶色、黒色などがあります。先がギザギザしていたり、尖っていることが多くカリフラワーのような形が多いでしょう。男性の場合、主に亀頭の先端や冠状溝と言われている部位、包皮内外板(包皮内側・外側)や陰のう、会陰や尿道口などが多いです。白やピンク、褐色や黒色とさまざまですが、大きさは1~3mm前後が多いと言われています。乳頭状(乳首のような形)やニワトリのトサカ、カリフラワーのような状態になるケースが多いです。場所によっては自覚症状がほとんどないと言われていますが、痒みや痛みなどを感じることがあります。

尖圭コンジローマが原因としてヒトパピローウイルスというウイルスの感染になります。いろいろな種類があり、セックスやそれに類似するような行為によって皮膚や粘膜などにある小さな傷から侵入し感染することが可能です。原因であるウイルスが身体に感染したとしても、すぐイボが現れるというわけではありません。ウイルスが感染してからその形状を確認できるようになるまで、一般的に3週間~8ヵ月くらいかかるとされていて平均2.8ヵ月と言われています。痒みや痛みなどがないことが多く、いつ発病したのかはっきり覚えていないことも多くでしょう。感染した時期やいったい誰から感染したのか特定するのは難しいと言われていて、日頃からの予防が大切になります。診断方法として身体の外側にできたものについて、医師が判断することが可能です。身体の内側に出来たものはコルポスコピーなどを利用することができます。外側にできる尖圭コンジローマは外観から診断することができ、外観が通常と異なっていたり出血していると詳しく調べることになるでしょう。潰瘍化していたり治療した後長引いたりする場合、手術で切除しがんかどうか顕微鏡などで検査しなければいけません。感染した部位に関して亀頭部や外尿道口などの場所が増えている傾向があります。これらの場所はきちんとコンドームをしていると予防することができるので、早期発見・早期治療を同じように他人に感染させないことが大切です。治療するには医薬品を利用したり、炭酸ガスレーザーや高周波電流などによるメスで焼勺する方法があります。

感染する年代は20代が多い

尖圭コンジローマにかかる人は20代の男女に最も多く見られています。決して珍しい病気ではなく、自覚症状がないので知らず知らず感染を広めていることもあるでしょう。この病気は誰にでも感染したり発症する可能性のある病気で、性器クラミジアや淋菌感染症、性器ヘルペスウイルスなどの続いて報告が多いと言われています。ここ数年増加傾向にあり特に20代を中心に感染者の数が増えているので注意が必要です。全体的に言うと男性よりも女性が若い傾向にあり、一般的に10代後半~30代などの若い人が中心になっています。男女別で見ると男性の場合は25~29歳においてピークが来ますが、女性の場合は20~24歳がピークです。女性の方が男性より年齢層が少し低い傾向があり、性行為の経験がある人なら感染する可能性がある疾患になります。身体の外側にできることがありますが、中には子宮頸部や肛門などの見えにくい部位に発症することもあります。そのような場合、コルポスコピーを利用し患部に染色を行って見えやすくするケースもあるでしょう。患部から採取したサンプルをポリメラーゼ連鎖反応などの検査で分析することが可能です。この検査は遺伝子複製を多数作り出すもので、ウイルスに特有の遺伝物質を確認することができるようになります。

女性の場合、子宮頸部にイボがあると他の異常がないことを確認するため、子宮頸部細胞診を行うようになります。もし尖圭コンジローマと診断されたなら、早期に異常を見つけ治療することができるよう子宮頸部細胞診や腟、子宮頸部などのコルポスコピーを年2回行うことをおすすめします。尚、患部の位置によってはコンドームで感染を防御できないケースがあるので注意が必要です。いろいろな治療方法がありますが、通常はレーザーや電気焼灼術、凍結療法や手術を行うことが多いです。いろいろな外用療法があり、近年高い効果のある医薬品が販売されているので、幅広い世代の人が利用しています。免疫系が健全の場合、多くの場合は次第にウイルスがコントロールされるので、治療しなくてもウイルスを根絶することが可能です。だいたい8カ月すると半数の人において感染が治まり、2年以上感染が続く人は少ないでしょう。免疫系の機能が低下している場合、治療が必要になったりイボが再発することがあります。